よりみちパン!セ
「怖い」が、好き!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 153p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784652078532
  • NDC分類 K388
  • Cコード C0330

内容説明

怖いとは、何か。どうして、何かを怖いと思うのか。―そして、恐怖をおぼえながらも、どうして人は、この世ならざるモノたちに「萌える」のか。あの世との境目からつかのま立ち現れるモノたちへ、うわさの伝奇・ホラー作家がかぎりない愛情と畏敬の念を込めて描く、私たちが忘れて久しい「豊かさ」と出会うための、身も心も震わす“恐怖教育”の一冊。

目次

序章 人生には、お化けが必要です。(「怖い」は、「楽しい」!;生きてること、を脅かされたら… ほか)
1章 ひっそり、うっすら。「境目」のこと。(お化けは、同じ屋根の下にいた;「たそがれどき」と「かわたれどき」 ほか)
2章 つきあっても、わかりあえない仲なのです。(キミほど、ままならないヤツはない!;出合っても、むやみに挨拶しないでね ほか)
3章 人の世はかくも狭く、せちがらい。(怪奇!カカトアルキ発見;「お化け」の瓶詰め? ほか)
4章 魑魅魍魎蠢く、この豊かな世界。(「名付け」という呪術;生者と死者とで守るルール ほか)

著者等紹介

加門七海[カモンナナミ]
東京都生まれ。多摩美術大学大学院修了後、美術館学芸員を経て、1992年に小説『人丸調伏令』(ソノラマ文庫)でデビュー。以降、伝奇、ホラーなどの小説やエッセイ、ノンフィクションなどで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。