アイヌ語の世界 (新装普及版)

個数:

アイヌ語の世界 (新装普及版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月23日 19時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642085304
  • NDC分類 829.2
  • Cコード C3081

内容説明

日本の言語の一つとして広く知られながら、具体的な内容はよく知られていないアイヌ語。その文法・系統・口承文学をわかりやすく解説。金田一京助らアイヌ語研究者の思い出も収める。不朽の名著を装い新たに復刊。

目次

1 アイヌ語はどんなことばか(アイヌ語;アイヌ語について;“ことばの世界”アイヌ語)
2 アイヌ語の系統(アイヌ語と日本語;日本語とアイヌ語との関係;日本語系討論について)
3 アイヌ語をめぐる状況(危機に瀕した言語の研究者の課題;アイヌ語は、いま;危機言語の調査・研究について;アイヌ語の記録・保存について;「アイヌ語を」から「アイヌ語で」へ)
4 アイヌ語研究の先学(バチラーの辞典について;「アイヌ語学講義」の校正のときの金田一先生;知里先生のこと;服部四郎先生の弟子として歩み始めた日々;服部四郎先生とアイヌ語のアクセント)

著者等紹介

田村すゞ子[タムラスズコ]
1934年愛知県に生まれる。1962年東京大学大学院人文科学研究科言語学専門課程博士課程満期退学。早稲田大学語学教育研究所教授を経て、早稲田大学名誉教授。2015年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の言語の一つとして広く知られながら、具体的な内容はよく知られていないアイヌ語。その調査・研究・教育に半世紀にわたり携わってきた著者が、アイヌ語の文法・系統・口承文学を分かりやすく解説。アイヌ語が置かれた状況に対するその時々の発言や、金田一京助らアイヌ語研究者の思い出など貴重な論考も収める。不朽の名著を装い新たに復刊。