安倍・清原氏の巨大城柵―鳥海柵跡・大鳥井山遺跡

個数:

安倍・清原氏の巨大城柵―鳥海柵跡・大鳥井山遺跡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月24日 23時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784642084208
  • NDC分類 521.82
  • Cコード C1021

出版社内容情報

奥州藤原氏の平泉開府前、奥羽北部の支配は在地豪族の安倍・清原両氏によって担われた。それぞれの居館である鳥海柵跡・大鳥井山遺跡を中心に、巨大城柵の全体像を最新考古学の成果を駆使して解き明かす。安倍氏の台頭から、前九年合戦による清原氏への覇権交替、そして後三年合戦へといたる歴史的展開を辿り、東北の古代から中世への転換期に迫る。

内容説明

奥州藤原氏登場以前、奥羽北部の支配を担った安倍・清原両氏。その居館である鳥海柵跡・大鳥井山遺跡など、巨大城柵の全体像を考古学的成果から解明。在地豪族である両氏の台頭を描き、東北の古代から中世への転換期に迫る。

目次

序論 安倍・清原氏と前九年・後三年合戦
1 安倍氏(陸奥国の奥六郡と安倍氏;安倍氏と前九年合戦;『陸奥話記』と安倍氏一二柵;鳥海柵とは何か;鳥海柵跡を歩く)
2 清原氏(出羽国山北三郡と清原氏の登場;出羽国山北三郡清原氏と陸奥国奥六郡清原氏;出羽国北半の城;清原宗家の本拠地大鳥井山遺跡;金沢柵と沼柵の解明に向けて;清原氏の城の意義;大鳥井山遺跡を歩く)

著者等紹介

樋口知志[ヒグチトモジ]
1959年、東京都に生まれる。現在、岩手大学人文社会科学部教授、博士(文学)

浅利英克[アサリヒデカツ]
1972年、岩手県に生まれる。現在、金ケ崎町役場課長補佐

島田祐悦[シマダユウエツ]
1972年、秋田県に生まれる。現在、横手市教育委員会課長代理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。