お葬式―死と慰霊の日本史

個数:

お葬式―死と慰霊の日本史

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月28日 03時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642079990
  • NDC分類 385.6
  • Cコード C1039

出版社内容情報

★好評増刷決定!

内容説明

誰にでもやがて訪れる死。日本人は死をいかに考え、死者をどのように葬ってきたのか。葬式・墓・慰霊をキーワードに、各地の多様な習俗、弔い方や、死生観をたどる。死の歴史を見つめ直し、死への向きあい方をやさしく語る、葬式の日本史。

目次

1 死と葬儀の歴史と民俗―高野山の安居会講演より(民俗学の考え方;死の歴史;葬送三転考;伝統社会の死と葬送;現代社会の死と葬送;墓と供養の時代差と地域差;宗教の科学;民俗学の霊魂論)
2 慰霊と軍神―言語と文化の翻訳(慰霊と追悼―Memorialを慰霊と翻訳してはならない;軍神の誕生;真珠湾の九軍神)

著者等紹介

新谷尚紀[シンタニタカノリ]
1948年広島県生まれ。1971年早稲田大学第一文学部史学科卒業。1977年同大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。社会学博士(慶應義塾大学)。現在、国立歴史民俗博物館研究部教授、総合研究大学院大学文化科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Junko Yamamoto

1
日本人の死に対する基本的な考え方がわかった。慰霊と追悼の違いなど。ー2019/01/31

風見鶏

1
レジュメ作成の参考資料に。死は昔からあるけれど、受容の方法は時代を経て変わってきた。死は事実ではなく概念であるという考え方は、人間だけが「死」という言葉を操れるかぎりにおいて真実であろうと思う。ニホンザルの母猿が子猿の死体を腐るまで抱いていたというエピソードは、やはり動物に死が理解できないということも確かなのだろうが、それ以上に個人的には人間が如何に言葉によって感情を操作されているかを思わされた。子猿が死んでもなお抱え歩く傷心の親猿として感動的なエピソードを作ることは猿の擬人化。この創作も葬送なのかな。2013/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/478225

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。