みる・よむ・あるく東京の歴史〈8〉地帯編5―足立区・葛飾区・荒川区・江戸川区

個数:
  • ポイントキャンペーン

みる・よむ・あるく東京の歴史〈8〉地帯編5―足立区・葛飾区・荒川区・江戸川区

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年05月26日 00時48分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784642068338
  • NDC分類 213.6
  • Cコード C1321

内容説明

肥沃な大地と豊かな水がもたらした江戸近郊の農業と近代的工場群。宿場町千住や門前町柴又のなつかしい街並みと、再開発されたニュータウンが溶け合う東京低地の四区。新たな活気に満ちた東郊のルーツを探ります。

目次

序章 水と生きる―東京低地の環境と生活
第1章 足立区(見沼代用水の分水点―舎人・古千谷・伊興;江戸東郊の新田地帯―六木・佐野・大谷田・東和;宿場に根付いた華やかな江戸文化;労働者たちの町の成立―千住西部;名所をつくる地域―江北・堀之内・鹿浜・扇)
第2章 葛飾区(柴又―下町情緒豊かなまち;葛西城址と葛西新宿;小菅―煉瓦工場と二つの川;荒ぶる川の大規模改修;低地の生業と近代化)
第3章 荒川区(鶴御成と三河島菜;日ぐらしの里;千住大橋と日光道中;千住製絨所での羅紗製造;名所としての橋場・汐入)
第4章 江戸川区(東京の東の玄関―小岩;御鷹場と綱差―小松川;水運と近郊農業―新川;浅間神社と富士信仰―篠崎;葛西浦の海苔と沿岸漁業)

著者等紹介

池享[イケススム]
一橋大学名誉教授

櫻井良樹[サクライリョウジュ]
麗澤大学教授

陣内秀信[ジンナイヒデノブ]
法政大学特任教授

西木浩一[ニシキコウイチ]
東京都公文書館統括課長代理

吉田伸之[ヨシダノブユキ]
東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

肥沃な大地と豊かな水がもたらした江戸近郊の農業と近代的工場群。宿場町千住や門前町柴又のなつかしい街並みと、再開発されたニュータウンが溶け合う東京低地の四区。新たな活気に満ちた東郊のルーツを探ります。