歴史文化ライブラリー<br> タネをまく縄文人―最新科学が覆す農耕の起源

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

歴史文化ライブラリー
タネをまく縄文人―最新科学が覆す農耕の起源

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 01時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642058162
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0320

出版社内容情報

狩猟採集や漁撈で生活していたとされる縄文人。だが、粘土をこねて土器を成形する際に紛れ込んだダイズや貯蔵食物害虫のコクゾウムシがその常識を打ち破った。土器表面や断面の痕跡の新しい分析法から、イネやダイズの栽培開始時期を特定。土器粘土の中に眠っていた考古資料「タネ」「ムシ」が指し示す、多様で豊かな縄文時代の実像に迫る。

内容説明

土器を成形する際に粘土中に紛れ込んだコクゾウムシやダイズの痕跡が、縄文人は狩猟採集民という常識を打ち破った。土器の中に眠っていた新たな考古資料「タネ」「ムシ」の発見が、多様で豊かな縄文時代像を明らかにする。

目次

想定外の発見―プロローグ
ダイズと縄文人
縄文人は豊かな狩猟採集民か
コクゾウムシと縄文人
イネはいつ日本にやってきたのか
圧痕法が明らかにしたもの
草原での農耕が語るもの―エピローグ

著者等紹介

小畑弘己[オバタヒロキ]
1959年、長崎県に生まれる。1982年、熊本大学法文学部史学科卒業。現在、熊本大学文学部歴史学科教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マカロニ マカロン

8
個人の感想です:B。第5回「古代歴史文化賞」(奈良県主催)の大賞受賞作。従来は縄文時代は狩猟採集を行い、農耕を始めたのは弥生時代と言われ、歴史教科書にもそう書かれていた。しかし、最近の考古学では、様々な証拠が発掘され縄文期の人々も植物の栽培は行っていたというのが定説になりつつある。本作では土器に残った植物種子やコクゾウムシの圧痕を調べることで、縄文時代前期にはすでに、大豆や小豆の栽培を開始、縄文時代晩期には稲や粟も伝来していたことを証明している。縄文人は「狩猟・栽培民」だったのだ。2018/03/05

ごいんきょ

7
参加した講演会で貰った(当たった)本です。 論文的内容なのでかなり冗長ですが、縄文人が栽培をしていたという結論を得るための過程が詳しく書かれています。 考古学もこれからどんどん新しい手法が開発され、新しい発見があるものと期待しています。2018/06/04

おらひらお

7
2016年初版。久しぶりに選書を読む。植物・昆虫学と考古学の狭間の分野の研究を進める著者の最新の研究成果を一般向けにまとめたもの。それでも学ぶところが多い。土器圧痕調査は第二の発掘調査という位置づけは大切であるし、出土品の位置づけ論としても興味深いですね。2016/05/12

どら猫さとっち

6
土器に紛れ込んだコクゾウムシや大豆の痕跡を元に、縄文時代の人たちの生活を追い、農耕の起源を明らかにした一冊。コクゾウムシから、農耕の起源を探る?読んでいて、実に興味深かった。また、稲作はどうやって取り入れたのかも必読。これまでに語って来なかった、縄文時代がここにある。2017/08/20

下良

4
歴史学教授執筆の2017年人気書。土器を成形する際に粘土中に紛れ込んだコクゾウムシやダイズの痕跡が、縄文人は狩猟採集民という常識を破った。根気の必要な大規模そして長期に渡ると思われる調査事実に基づく推論は説得力がある。2017/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10129458

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。