人物叢書 新装版<br> 平清盛

個数:

人物叢書 新装版
平清盛

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月16日 15時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642052122
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1323

内容説明

はじめて武家政権を開いた平安末期の武将。数々の戦乱を制して、ついには最高権力者となった。実力で政権を奪う時代としての中世を切り開いたその生き方は、後世の武人政治家の範となっていく。同時代の貴族の日記や古文書などを丹念に繙きながら新史料の発掘を試み、政治動向の分析と併せて清盛の実像に迫る。従来の通説を覆した清盛伝の決定版。

目次

第1 生まれた時代と環境
第2 忠盛と清盛―鳥羽院政の頃
第3 時代は動く―1140年代
第4 保元の乱の伏線
第5 保元の乱
第6 平氏の台頭
第7 平治の乱
第8 天皇親政と清盛
第9 急速な昇進
第10 入道大相国清盛
第11 女院の平和
第12 亀裂の構図
第13 熟慮と浅慮
第14 治承の内乱
第15 最期の時