古代天皇祭祀の研究

個数:

古代天皇祭祀の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 15時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642046657
  • NDC分類 210.09
  • Cコード C3021

出版社内容情報

序章 本書の目的と構成/神饌供進儀の研究(天皇祭祀の祭神〈天皇祭祀の祭神をめぐる議論/大嘗祭における天皇の御告文「祈請申詞」の検討/古代における天皇と祭祀〉/神今食の神饌供進儀と本義〈神饌供進儀の次第/神今食の本義をめぐって〉/大嘗祭の神饌〈大嘗祭神饌の全体構成/神今食・新嘗祭神饌との構造比較/個別の神饌の考察〉/神饌供進儀における「秘事」の継承〈神饌供進儀における次第・作法/神饌供進作法の画期/神饌供進作法の継承―上皇と習礼〉以下細目略)/天皇祭祀の周辺(天皇親祭をとりまく人々と場/附論 大嘗祭の斎場/神今食の祭儀体系への一試論/御体御卜の成立と変遷/補論Ⅰ 御体御卜奏上儀の復元的考察/天皇と斎王の祭祀構造/『延喜式』にみる聖体安穏祭祀/補論Ⅱ 班幣行事の復元的考察)/終章 古代天皇祭祀の構造と本研究の展望

内容説明

古来、国家の安寧を祈り続けてきた大嘗祭・神今食・新嘗祭などの天皇祭祀には、今もなお不明瞭な部分が多い。古代天皇祭祀の実態・構造を、祭祀の中核たる神饌供進儀から詳細に分析し、御体御卜などの周辺諸祭儀との関連について考察。現代へとつながる神道の大きな歴史の中における天皇祭祀の意義を追究し、国家祭祀との二重構造論を展望する。

目次

第1部 神饌供進儀の研究(天皇祭祀の祭神;神今食の神饌供進儀と本義;大嘗祭の神饌;神饌供進儀における「秘事」の継承)
第2部 天皇祭祀の周辺(天皇親祭をとりまく人々と場;神今食の祭儀体系への一試論;御体御卜の成立と変遷;御体御卜奏上儀の復元的考察;天皇と斎王の祭祀構造 ほか)

著者等紹介

木村大樹[キムラダイキ]
1987年徳島県に生まれる。2018年國學院大學大学院文学研究科博士課程後期単位取得満期退学。現在、國學院大學兼任講師、同大学研究開発推進機構PD研究員、博士(神道学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。