“東京オリンピック”の誕生―一九四〇年から二〇二〇年へ

個数:

“東京オリンピック”の誕生―一九四〇年から二〇二〇年へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月23日 02時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642038812
  • NDC分類 780.69
  • Cコード C3021

内容説明

一九四〇年開催予定であった幻の東京オリンピックから、一九六四年をへて二〇二〇年へ。戦時に返上した挫折から、戦後の開催へ招致活動した在米日系人やIOCの動向など、その連続性に着目しメディア史から描く決定版。

目次

プロローグ―三つの東京オリンピック
第1章 オリンピック招致運動前史―西洋のスポーツ・イベントと日本
第2章 「東洋」初のオリンピック開催へ
第3章 “東京オリンピック”の残像
第4章 戦後の国際社会への復帰とスポーツ
第5章 “幻の東京オリンピック”の実現―「世界の祭典」を開く日本
エピローグ―一九六四年から二〇二〇年へ

著者等紹介

浜田幸絵[ハマダサチエ]
1983年生まれ。2005年成城大学文芸学部文化史学科卒業。ラフバラ大学大学院社会科学研究科修士課程(メディア文化分析専攻)などを経て2012年東京経済大学大学院コミュニケーション学研究科博士後期課程修了。現在、島根大学法文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

戦時に返上した挫折をへて、戦後の開催へ招致活動した在米日系人やIOCの動向など、その連続性に着目。メディア史から描く決定版。1940年開催予定であった幻の東京オリンピックから、1964年をへて2020年へ。いかに開催地として選定され、人々に受容されてきたのか。戦時に返上した挫折をへて、戦後の開催へ招致活動した在米日系人やIOCの動向など、その連続性に焦点を当てて描く。聖火リレーが引き継がれる実態やテレビ放送など、メディア史から描き出す決定版。

プロローグ―三つの東京オリンピック/オリンピック招致運動前史―西洋のスポーツ・イベントと日本(日本のオリンピック参加/オリンピックと「日本人の地位」の向上/東京でオリンピックを)/「東洋」初のオリンピック開催へ(「東洋」の代表としての日本/東京オリンピックの懸念材料―距離、気候/会場の選定/聖火リレーの問題/外に見せる「日本」/オリンピックの返上へ)/〈東京オリンピック〉の残像(オリンピックには参加したい/「聖火」から「聖矛」へ/よみがえる〈オリンピック〉)/戦後の国際社会への復帰とスポーツ(戦後のスポーツ/水泳による日米親善/子供たちに語られる「オリンピック」/東京オリンピックを再び)/〈幻の東京オリンピック〉の実現 ―「世界の祭典」を開く日本(聖火は東京へ/祭典の準備/テレビ・オリンピック/戦争の記憶と平和の祭典)/エピローグ―一九六四年から二〇二〇年へ

浜田 幸絵[ハマダ サチエ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件