長宗我部氏の研究

個数:

長宗我部氏の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月10日 12時09分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 277,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642029070
  • NDC分類 288.3
  • Cコード C3021

内容説明

戦国から豊臣期において土佐を治めた長宗我部氏の動向を探り、通説に対し新たな視点を提示する意欲作。小牧・長久手の戦いと四国情勢、滝本寺の僧非有斎と領国支配体制、元親・盛親父子による二頭政治、慶長の役、朝鮮出兵時の造船政策と土佐国、南海路における島津氏との交流、安国寺恵瓊の実像などを検討し、長宗我部氏の政治と外交を解明する。

目次

第1章 小牧・長久手の戦いと長宗我部氏
補論1 長宗我部氏による讃岐・阿波統合の状況
第2章 長宗我部権力における非有斎の存在意義
第3章 豊臣期における長宗我部氏の領国支配
第4章 長宗我部盛親の家督相続
第5章 慶長の役における長宗我部元親の動向
第6章 軍目付垣見一直と長宗我部元親
第7章 朝鮮出兵期における造船に関する一試論
第8章 南海路と長宗我部氏
第9章 安国寺恵瓊の虚像と実像
補論2 恵瓊大名説の再検討

著者等紹介

津野倫明[ツノトモアキ]
1968年高知県に生まれる。1991年北海道大学文学部史学科卒業。1998年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、高知大学教育研究部人文社会科学系教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。