平安宮廷の儀礼文化

個数:

平安宮廷の儀礼文化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 19時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 337,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642024754
  • NDC分類 210.09
  • Cコード C3021

内容説明

平安期、貴族はなぜ先例を重視し儀式を運営したのか。天皇の「御後」に祗候し、「赤色袍」を着用する摂関家故実に着目。故実の形盛過程を摂関家の政略と絡めて分析し、宮廷儀礼の政治文化としての意義を解明する。

目次

平安期の宮廷儀礼研究と本書の構成
第1部 儀礼にみる摂関家の動向(即位式における摂関と母后の高御座登壇;節会における内弁勤仕と御後祗候;摂関賀茂詣の成立と展開;摂関家における服飾故実の成立と展開―赤色袍の検討を通じて)
第2部 儀礼空間を形成する先例観と視線(摂家関の先例観―御堂流故実の再検討;儀式・先例からみた藤原頼通;宮廷儀礼における公卿の「見物」)
平安宮廷の儀礼文化と摂関政治

著者等紹介

末松剛[スエマツタケシ]
1967年福岡市に生まれる。1999年九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。2002年博士(文学)学位取得。現在、京都造形芸術大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。