陰陽師と貴族社会

個数:

陰陽師と貴族社会

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 341,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784642023986
  • NDC分類 210.36
  • Cコード C3021

内容説明

平安貴族は、神仏や霊鬼の祟りに対して用いた陰陽師や呪術をどのように認識していたのか。古記録を読み解き、安倍晴明など官人陰陽師や法師陰陽師の実像、医療・呪詛などの職能を解明。平安貴族の心性を浮び上がらせる。

目次

序章 安倍晴明の実像
第1章 官人陰陽師
第2章 法師陰陽師
第3章 病気と陰陽師
第4章 医師・験者・陰陽師
第5章 医療の役割・呪術の役割
第6章 新宅移徒と陰陽師
第7章 呪詛と陰陽師
第8章 陰陽寮・陰陽道・陰陽師
第9章 陰陽寮官人の補任状況―十世紀‐十一世紀
終章 賀茂保憲と慶滋保胤

著者紹介

繁田信一[シゲタシンイチ]
1968年東京都に生まれる。1997年東北大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2003年神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士後期課程修了、博士(歴史民俗資料学)。現在、神奈川大学外国語学部非常勤講師、同大学常民文化研究所特別研究員