公家事典

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1051/高さ 24cm
  • 商品コード 9784642014427
  • NDC分類 281.035
  • Cコード C3521

内容説明

五摂家成立期の平安末期から明治元年に至る、290余家の公卿約3千人を収録。総説、家名解説、系図、詳細な履歴等で構成。付録廣橋家蔵祖本『公卿補任當今』。公家制度と中世・近世期の朝廷を理解するための基本的事典。

目次

公家の制度と社会
摂家流
近衛家(絶家粟田口家;藤井家 ほか)
九条家(絶家八条・外山家;月輪家 ほか)
二条家(絶家今小路家)
一条家(絶家土佐一条家)
鷹司家
醍醐家
摂家流絶家(絶家松殿家;高野家)
摂家流形成以前の絶家(絶家式家;壬生家 ほか)

著者等紹介

橋本政宣[ハシモトマサノブ]
1943年福井県鯖江市に生まれる。1965年國學院大学文学部史学科卒業。1969年國學院大学大学院博士課程中退。2004年東京大学史料編纂所退官。現在、東京大学名誉教授。舟津神社宮司(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。