有斐閣選書<br> 核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村

個数:

有斐閣選書
核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月13日 06時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641281264
  • NDC分類 539.48
  • Cコード C1336

内容説明

1969年から企図された「むつ小川原開発計画」の「失敗」は、六ヶ所村に核燃料サイクル施設という名の放射性廃棄物の集中をもたらした。1988年以来継続してきた現地調査をもとに、どのような社会的諸問題が生起してきたのか、どのような教訓をくみとるべきなのかを社会学の視点から詳述する。

目次

序章 むつ小川原開発と核燃料サイクル施設の歴史を解明する視点
第1章 巨大開発から核燃基地へ
第2章 開発の性格変容と計画決定のありかたの問題点
第3章 大規模開発下の地域社会の変容
第4章 開発による人口・経済・財政への影響と六ヶ所村民の意識
第5章 原子力エネルギーの難点の社会学的検討―主体・アリーナの布置連関の視点から
第6章 地域社会と住民運動・市民運動
第7章 女性の環境行動と青森県の反開発・反核燃運動
第8章 日本の地域開発史における六ヶ所村開発の位置づけ
第9章 日本の原子力政策と核燃料サイクル施設

著者等紹介

舩橋晴俊[フナバシハルトシ]
法政大学社会学部教授

長谷川公一[ハセガワコウイチ]
東北大学大学院文学研究科教授

飯島伸子[イイジマノブコ]
元東京都立大学人文学部教授、2001年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。