有斐閣アルマ
はじめての法律学―HとJの物語 (第5版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641220928
  • NDC分類 321
  • Cコード C1332

出版社内容情報

Hが車でJを轢いてしまうという事件から,ストーリーが展開。憲法・民法・刑法を中心として法律の世界を解説。刑事訴訟法(取調べの録音録画等)等の重要改正や,再婚禁止期間に対する最高裁大法廷の判断等を織り込むなど,近年の動きに対応した。

episode1 一瞬のできごと
 第1章 なぜ罪を犯すと処罰されなければならないのか────刑法の基礎
 第2章 罪を犯したHの裁判────刑事訴訟法の基礎
episode2 許せない
 第3章 事故を起こしたHの民事責任──民法 不法行為法の基礎
 第4章 病院と旅行会社の責任──民法 契約法の基礎
 第5章 Jと家族の物語──民法 家族法の基礎
episode3 さいごの願い
 第6章 法を決めるのは誰か──憲法 統治機構の基礎
 第7章 多数者でも侵害することのできない権利──憲法 基本的人権の基礎
Help:勉強の仕方のアドバイス。法律家を目指す方へ。
Focus(手続法などの問題をポイントを絞って解説):刑務所と少年院・民事裁判手続・司法審査
Column:死刑・危険運転致死傷罪・裁判員の参加する裁判・高齢社会と成年後見制度・夫婦別姓・もしJが外国人だったら・憲法改正・子どもの人権 他
Break:法とは何か・法の歴史・さまざまな法律の分類・法と道徳・法の解釈・裁判の特質・法律家

松井 茂記[マツイシゲノリ]

松宮 孝明[マツミヤタカアキ]

曽野 裕夫[ソノヒロオ]

内容説明

Hの不注意で起きた自動車事故。被害者はJ…。一瞬のできごとによってHとJ、そしてその周辺はどうなるのか?2人の大学生の物語をもとに法律の世界を案内。取調べの可視化や司法取引の導入といった、刑事訴訟法の重要改正、再婚禁止期間に対する最高裁判決など、最新の動向を採り入れ、ますます充実!

目次

1 一瞬のできごと(なぜ罪を犯すと処罰されなければならないのか―刑法の基礎;罪を犯したHの裁判―刑事訴訟法の基礎)
2 許せない(事故を起こしたHの民事責任―民法 不法行為法の基礎;病院と旅行会社の責任―民法 契約法の基礎;Jと家族の物語―民法 家族法の基礎)
3 さいごの願い(法を決めるのは誰か―憲法 統治機構の基礎;多数者でも侵害することのできない権利―憲法 基本的人権の基礎)
Help

著者等紹介

松井茂記[マツイシゲノリ]
現在、ブリティッシュコロンビア大学法学部教授・大阪大学名誉教授。1955年生まれ。1980年京都大学大学院修士課程修了

松宮孝明[マツミヤタカアキ]
現在、立命館大学大学院法務研究科教授。1958年生まれ。1985年京都大学大学院博士課程学修退学

曽野裕夫[ソノヒロオ]
現在、北海道大学大学院法学研究科教授。1964年生まれ。1994年北海道大学大学院博士後期課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

λ

1
素晴らしい本。法という世界を全貌することができる。文章も平易で読みやすい。ストーリーを基軸に展開するので非常にわかりやすい。自然科学は存在と同時に法則がすでに完成されており、我々が「発見」するだけ。一方、法は近代から継承、改善、発展されてきた、人間が作り上げたひとつの(可変の)法則だ。これまで、哲学に傾倒し真実主義的な(造語)態度だったが、法は現実に根差しながらも罪やその責任について、「論理」的に考えていく。自然と人為という点では対照的だが、緻密な論理という点では非常に似ている。以上を知ることができた。2018/02/21

オランジーナ@

0
Jがかわいそう2019/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11650173

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。