社会学はどこから来てどこへ行くのか

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

社会学はどこから来てどこへ行くのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 10時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 368p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641174412
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C1036

出版社内容情報

社会学界を牽引する4人のトップランナーによるリレー対談!
「社会学は,これからどうなるのか?」「専門の違う立場からすると,社会はどう違って見えるのか」「違って見えるとしても,本当に重要なのは○○ではないか…?」企画のスタートから3年,定期的に対談を重ねて,ときに雑談(ただし真摯な),ときに学問の最先端を語りながら,ようやく一冊の本になった力作です。

はじめに
第1章 社会学はどこから来てどこへ行くのか
第2章 社会学は何に悩み,何を伝えたいのか
第3章 社会学は何をすべきで,何ができるのか
第4章 質的調査と量的調査は対話可能か
第5章 フェイクニュースに騙されないための《社会調査》のすすめ
第6章 社会学の仕事の実際
第7章 データの正しさと〈相場感〉
第8章 再び,社会学はどこから来てどこへ行くのか

岸 政彦[キシマサヒコ]
著・文・その他

北田 暁大[キタダアキヒロ]
著・文・その他

筒井 淳也[ツツイジュンヤ]
著・文・その他

稲葉 振一郎[イナバシンイチロウ]
著・文・その他

内容説明

事実とは何か。理解とは何か。―社会とは何か。理論と方法の根源に遡行し、「社会問題」の現場へと向かう。社会学界を牽引する4人のトップランナーによる、白熱の徹底討論!

目次

第1章 社会学はどこから来てどこへ行くのか
第2章 社会学は何に悩み、何を伝えたいのか
第3章 社会学は何をすべきで、何ができるのか
第4章 質的調査と量的調査は対話可能か
第5章 フェイクニュースに騙されないための“社会調査”のすすめ
第6章 社会学の仕事の実際
第7章 データの正しさと“相場感”
第8章 再び、社会学はどこから来てどこへ行くのか

著者等紹介

岸政彦[キシマサヒコ]
立命館大学大学院先端総合学術研究科教授

北田暁大[キタダアキヒロ]
東京大学大学院情報学環教授

筒井淳也[ツツイジュンヤ]
立命館大学産業社会学部教授

稲葉振一郎[イナバシンイチロウ]
明治学院大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おおた

21
人に話を聞いてまとめていく質的調査と、計量して分析する量的調査の2種類があることも知らなかったし、それぞれの調査が抱える難しさを中堅と言うよりはもう第一人者として活躍している方々から聞ける。専門用語は難しいけど、真摯に研究を続けた上で練られた言葉には傾聴の価値あり。量的調査と統計のちがいや、調査から導かれたものがどんな力を持ち社会に影響していくのかなど、分からないながらもわくわくする。社会学にはうさんくさい先入観を持っていたので、それが払拭されそう。2019/03/30

かんがく

19
出てくる専門用語は半分ぐらいわからない、でも滅茶苦茶面白い。質的調査、量的調査、学説史というそれぞれの分野の代表者による対談から、社会学というとらえどころのない学問の輪郭が見えてきた。人間の同質性を前提とする経済学や心理学と異なり、人間の異質性を重視し、社会を集団ごとに分類する学問。当事者研究、比較、偏見、研究、統計などどのテーマも刺激的だった。他社理解というものが根本にある。社会学の本をたくさん読みたくなった。2021/02/07

shin_ash

16
難解だが、色々考えさせられる良書である。私は社会学は門外漢なので、用語も人物も全く分からない。一方、私は製造業の本社部門(研究開発部門)から事業部に対して「データ分析」を切り口に問題解決を支援している。そういう意味では「お前に現場の何がわかるのか」と突きつけられる日常なので、分からないなりに感じるものがあった。立場としては"計量"に近いところではあるが、実務の多くでは問題の発見でコケているケースが多いため、"質的"の重要性を再認識している。また理解することと解決することの視点の違いも気付かされた様に思う。2019/08/13

kenitirokikuti

14
正統な共産主義者は社会学をブルジョワとして否定してきた。なので、(日本の)社会学業界には共産党の影響がすごく少ないそうな(新左翼はいる)▲家族社会学者が「サザエさん」を引用しても学生が分からない、と。ちびまる子ちゃんでも厳しいし、ワンピースでも20年。まんがの話をすりゃいいってもんじゃない▲社会学の場合、大学1、2年に社会学原論を入門として講義するというパターンは減ってるそうな。「社会調査士」という枠組みに寄っている▲20世紀アメリカ社会学はグローバル化したが、いま社会学自体はしぼんでいる。日本では多い。2019/01/19

akihiko810/アカウント移行中

13
岸政彦の社会学者対談。印象度B-  ポップな表紙とは裏腹に、学術的で難解で、社会学の素養のない私にはちんぷんかんぷんであった(汗) 社会学云々の話でなく、社会学「教員」が学生に教えるときの裏話(女生徒の扱い方、専門の話をどこまで教えるか)を吐露しているところは読んで理解できたので面白かったけども2021/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13182055

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。