学校プラットフォーム―教育・福祉、そして地域の協働で子どもの貧困に立ち向かう

個数:

学校プラットフォーム―教育・福祉、そして地域の協働で子どもの貧困に立ち向かう

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月24日 21時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641174405
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C1036

出版社内容情報

スクールソーシャルワーク研究の第一人者として,「子どもの貧困対策に関する大綱」策定にも関わった著者が,子どもの貧困や虐待,いじめ,少年事件など,子どもや家庭をとりまくさまざまな課題に学校を基盤として取り組むための新たな仕組みを提案する。

序 章 学校プラットフォーム──なぜ取り上げるのか,どうとらえるのか
第1章 子どもや学校をめぐる現状と課題
第2章 国の動き,法的な枠組み
第3章 乳幼児期までの全数把握の仕組み
第4章 学校という場の特殊性
第5章 教育と福祉の再編成に向けて
第6章 学校プラットフォームのあり方──福祉と教育の共存は可能なのか

山野 則子[ヤマノノリコ]
著・文・その他

内容説明

学校プラットフォームは、深刻な少年事件や児童虐待にもつながる子どもの貧困に対して、どのようにあり方を変えていくことができるのか、「チーム学校」を包含する新たなシステムの可能性に迫る。

目次

序章 学校プラットフォーム―なぜ取り上げるのか、どうとらえるのか
第1章 子どもや学校をめぐる現状と課題
第2章 国の動きと法的な枠組み
第3章 乳幼児期までの全数把握の仕組み
第4章 学校という場の特殊性
第5章 教育と福祉の再編成に向けて
第6章 学校プラットフォームのあり方―教育と福祉の共存は可能なのか

著者等紹介

山野則子[ヤマノノリコ]
大阪府立大学人間社会システム科学研究科/地域保健学域教育福祉学類教授。博士(人間福祉)。内閣府子供の貧困対策に関する有識者会議構成員、中央教育審議会委員、厚生労働省社会保障審議会児童部会委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

31
子どもたちの様々な問題を予防し対応するために学校をプラットフォームとしてチーム学校で対応しようという施策が国から出されています。著者はこうした方向性を子どもの最善の利益から有益だとしたうえで国のめざす地域共生社会づくりにも意味があるものだと述べています。しかし本当にそうでしょうか。子どものための福祉を考えたとき、チーム学校論に隠されている学校統制のあり方やプラットフォームだけでは見逃してしまう実態を著者はもっと深刻に捉えるべきです。地域共生社会と連動されるなんて論外です。批判的に読み込む必要を感じました。2019/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13256998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。