最低生活保障の実証分析―生活保護制度の課題と将来構想

個数:

最低生活保障の実証分析―生活保護制度の課題と将来構想

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月29日 01時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 244p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641174375
  • NDC分類 364.04
  • Cコード C3036

出版社内容情報



山田 篤裕[ヤマダ アツヒロ]
著・文・その他

駒村 康平[コマムラ コウヘイ]
著・文・その他

四方 理人[シカタ マサト]
著・文・その他

田中 聡一郎[タナカ ソウイチロウ]
著・文・その他

丸山 桂[マルヤマ カツラ]
著・文・その他

内容説明

大規模データから貧困層の実態をつまびらかにし、政策の影響と効果を明らかにする待望の書!

目次

日本の最低生活保障の特徴
第1部 最低生活保障の現状と政策効果(生活保護受給世帯のストック・フロー分析―世帯類型の変化と脱出困難な生活困窮世帯の流入;生活保護受給世帯率の地域差と資産保有―貯蓄・持ち家・乗用車保有の影響;生活保護基準の変更と就労―ひとり親世帯就労促進費廃止と母子加算復活の影響;生活保護基準の変更と消費―老齢加算廃止による消費への影響;OECD相対的貧困基準と生活保護基準―2つの基準で捉えられた低所得層の重なりと時系列変化;家族の変化と相対的貧困率の変化―親と同居する無配偶の成人子ども増加の影響;低所得世帯の居住水準―住宅の種類別にみた居住水準・家賃負担の実証分析)
第2部 最低生活保障の構想(主観的最低生活費の測定―生活保護基準額との比較;子育て世帯向け給付つき税額控除の貧困削減効果―所得保障としての有効性と問題点;住宅手当の構想―住宅手当導入の費用と効果)
最低生活保障の確立のために

著者等紹介

山田篤裕[ヤマダアツヒロ]
慶應義塾大学経済学部教授

駒村康平[コマムラコウヘイ]
慶應義塾大学経済学部教授

四方理人[シカタマサト]
関西学院大学総合政策学部准教授

田中聡一郎[タナカソウイチロウ]
関東学院大学経済学部講師

丸山桂[マルヤマカツラ]
成蹊大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hurosinki

3
終章で上手く要約されており、2、4、6、8章については書評 https://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/sh19040208.pdf もあるのでおれの感想よりそっちを参照してください。 以下の大部分はそれらを参考にしました…2023/11/04

contradiction29

0
卒論の参考文献として読了2021/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12977654
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。