戦略硬直化のスパイラル―どうして企業は変われなくなるのか

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

戦略硬直化のスパイラル―どうして企業は変われなくなるのか

  • 中川 功一【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 有斐閣(2019/09発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 140pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月27日 23時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641165472
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C1034

出版社内容情報

これほどまでに変革が叫ばれる時代にあって,なぜ経営は同じ判断を繰り返し,危機に陥ってしまうのか。イノベーションを起こす・起こさない以前に,多くの企業が抱える本当の問題「どうすれば変革できる土壌を育めるのか」を,読者とともに考え,導きます!

目次

1 本書の問い―どうして、望ましくない戦略が、続けられてしまうのか
2 これまでの研究が明らかにしてきたこと
3 典型的な戦略硬直化―コンデンサ産業、スプラーグの事例
4 戦略硬直化のスパイラルの原理
5 カリスマ型リーダーの功罪―シャープはなぜ危機に陥ったのか
6 問題の真因探求
7 統計的検証―新興国における日本企業と、ジャスミン革命ただ中のチュニジア企業
8 リーダー主導の戦略変更―ルネサスエスピードライバの経営改革
9 人々によるセンスメーキングの連鎖―米国シリコンバレーは、なぜ変化し続けられるのか
Fin 結語に代えて―容易に出しうる答えを、疑うこと

著者等紹介

中川功一[ナカガワコウイチ]
大阪大学大学院経済学研究科准教授、博士(経済学)(東京大学)。2004年、東京大学経済学部卒業。2008年、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学(2009年、経済学博士)。2008年、駒澤大学経営学部専任講師。2012年、大阪大学大学院経済学研究科講師。2013年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。