広がる民法〈1〉入門編―法の扉を開く

個数:

広がる民法〈1〉入門編―法の扉を開く

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641137615
  • NDC分類 324
  • Cコード C1032

内容説明

おおもとがわかるとわかる!契約・所有・家族・責任から民法のルーツを探る、第2の法学入門。

目次

前口上 試験問題は難しい
序章 どのように法を学ぶか?
第1章 契約―交換を促す(民法90条~92条)
第2章 所有―支配を認める(民法206条)
第3章 家族―世代を超える(民法752条・770条・772条・877条)
第4章 責任―規範を変える(民法709条・710条)
補章 基本原則―社会を表す(民法1条・2条)
結語 民法の骨格

著者紹介

大村敦志[オオムラアツシ]
1958年生まれ。1982年東京大学法学部卒業。現在、東京大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

今まで取り扱われることが少なかった,民法の原理・原則と実定法としての民法との関係(タテの関係)に焦点をあてる。比較的目線の高いテーマをテキストを基にして扱い,読者がともに考えられる構成に。

前口上 試験問題は難しい……
序章 どのように法を学ぶか?
 第1節 もう一度,法学入門
 第2節 いくつかの前提知識を
第1章 契約──交換を促す
(民法90条?92条)
 第1節 なぜ契約を守らせるのか?
 第2節 なぜ契約類型があるのか?
 第3節 なぜ契約を無効にするのか?
第2章 所有──支配を認める(民法206条)
 第1節 なぜ支配が認められるのか?
 第2節 なぜ所有権を認めるのか?
第3章 家族──世代を超える
(民法752条・770条・772条,877条)
 第1節 なぜ婚姻を保護するのか?
 第2節 なぜ家族は存在するのか?
第4章 責任──規範を変える
(民法709条・710条)
 第1節 なぜ賠償をさせるのか?
 第2節 なぜ責任を問うのか?
補章 基本原則──社会を表す
(民法1条・2条)
結語 民法の骨格
追記 「法とは何か」「民法とは何か」に関する覚書

大村 敦志[オオムラアツシ]