AIと社会と法―パラダイムシフトは起きるか?

個数:

AIと社会と法―パラダイムシフトは起きるか?

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2022年01月21日 05時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 355p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641126176
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C3032

出版社内容情報

身近になりつつも,未知の部分が大きいAI。そんなAIが社会に与えるインパクトに,法はどう向き合うのか。公法・私法・基礎法研究者と情報技術の専門家がタッグを組み,座談会形式で考える。論究ジュリストでの好評連載をまとめた待望の1冊。

目次

第1章 テクノロジーと法の対話
第2章 データの流通取引―主体と利活用
第3章 契約と取引の未来―スマートコントラクトとブロックチェーン
第4章 医療支援
第5章 専門家責任
第6章 著作権
第7章 代替性―AI・ロボットは労働を代替するか?
第8章 サイバーセキュリティ
第9章 フェイクとリアル―個人と情報のアイデンティフィケーション
第10章 これからのAIと社会と法―パラダイムシフトは起きるか?

著者等紹介

宍戸常寿[シシドジョウジ]
東京大学教授

大屋雄裕[オオヤタケヒロ]
慶應義塾大学教授

小塚荘一郎[コズカソウイチロウ]
学習院大学教授

佐藤一郎[サトウイチロウ]
国立情報学研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

げんさん

0
製造物責任法がある以上完全な自動運転車が世に出るのはまだまだ先か。宍戸常寿先生が「ヨルムンガンド」を読んでいるなんて2020/11/03

まさやん510

0
AIが社会や法の各領域にどのような影響を及ぼすのか、AI技術の現在地がどのようなレベルであり、どのような課題があるのかについて幅広く触れることができた。 メモ ・AIに対して過度な期待やファンタジーなイメージを持つことは適当ではない ・個人情報保護法の保護法益は「漠然とした不安の緩和」。どのような条件さえ満たせば安心して個人情報を使えるのかを明らかにする「情報利用促進法」2020/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16115121

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。