有斐閣アルマ
新しい社会学のあゆみ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 353p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641123021
  • NDC分類 361

内容説明

今もっとも注目される10の社会学者と理論を選び、ていねいに解説しながら、社会学の大きなあゆみのなかにそれぞれを位置づける。それらの理論が、現代の社会学に何をもたらし、未来の社会学にどんな貢献をするのかを知る、新しい社会学史のテキスト。

目次

序章 社会学のあゆみ―学としての成立と発展
第1章 現象学的社会学
第2章 エスノメソドロジー
第3章 ブルデュー社会学
第4章 フーコーの社会理論
第5章 ルーマンと社会システム理論
第6章 ハーバーマスと批判理論
第7章 ギデンズの社会学
第8章 社会的ネットワーク論
第9章 合理的選択理論
第10章 ウォーラースティンの世界システム論

著者紹介

新睦人[アタラシムツンド]
奈良女子大学名誉教授・文学博士(京都大学)。専攻、理論社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)