有斐閣アルマ
現代政治理論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641122697
  • NDC分類 311
  • Cコード C1331

内容説明

自由とは何か、公正な社会とは何か―われわれが直面しつつあるさまざまな政治課題は、政治的価値、理念、規範に関わる問題を含んでいる。リベラリズムとデモクラシーに関係するテーマを中心に、現代の政治理論の重要な主題や概念を取り上げて解説する本格的入門書。

目次

第1章 政治―権力と公共性
第2章 権力―強制と自発性
第3章 リベラリズムの展開―その振幅と変容
第4章 現代の自由論―自律とは何か
第5章 平等―正義を求めて
第6章 デモクラシー―歴史と現実
第7章 ネーションとエスニシティ―アイデンティティの政治
第8章 フェミニズムと政治理論―寄与と挑戦
第9章 公共性―公共圏とデモクラシー
第10章 市民社会と新しいデモクラシー論―討議のために
第11章 国境をこえる政治の理論―グローバリゼーション、デモクラシー、リベラリズム

著者等紹介

川崎修[カワサキオサム]
立教大学法学部教授

杉田敦[スギタアツシ]
法政大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

おもに20世紀の政治理論の流れをカバー。社会的規範理論の新展開を踏まえ現代的な問題関心にフィットする新しいテキスト。