有斐閣ブックス<br> 働くことの経済学

個数:

有斐閣ブックス
働くことの経済学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641086159
  • NDC分類 366
  • Cコード C1333

内容説明

労働には多様な側面があるが、経済学の観点からは「働くこと」であり、生計をたてるために「仕事」をすることである。働くことは単に生活のためだけではない。人によっては自己実現の手段でもある。経済現象の中で労働にかかわる問題がどのように体系的にとらえられるのかを、読みやすく解説する労働経済学入門。

目次

第1章 労働の担い手
第2章 労働の売り手の行動
第3章 労働の買い手の行動
第4章 賃金とその決定
第5章 賃金格差
第6章 失業
第7章 労働移動と職探し
第8章 労働者と差別
第9章 非正規の労働者
第10章 雇用慣行と訓練
第11章 労使関係
第12章 今後の労働