近代日本と公衆衛生―都市社会史の試み (新装版)

個数:

近代日本と公衆衛生―都市社会史の試み (新装版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月19日 00時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 221p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784639025979
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C3021

内容説明

コレラが日本の「防疫行政」を変え、「地域差別」を変えた。文政5年に日本に上陸したコレラ。以後のコレラ防疫行政の展開過程を追うとともに、コレラ防疫を契機とした近代の地域差別の変容を探り、社会的差別のメカニズムを解明する。

目次

序章 「クワーランタイン」をめぐって
第1章 近代的防疫行政の形成
第2章 防疫の組織化―「十九年の頓挫」の再検討
第3章 コレラ騒動の歴史的意義
第4章 伝染病と地域社会をめぐる諸問題
第5章 紀念祭・博覧会と「公衆衛生キャンペーン」
第6章 近代部落問題の成立・序説―都市貧民を追って
終章 民衆意識と「公共性」

著者等紹介

小林丈広[コバヤシタケヒロ]
1961年静岡市生まれ。1986年金沢大学大学院修了。京都市歴史資料館歴史調査員、奈良大学文学部教授を経て、同志社大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yanapong

0
京都の事例。公衆衛生行政と被差別部落の関係に焦点が当たっているが、明治期の公衆衛生と下水(特に清潔法との関連)で示唆に富む内容であった。法規の内容を具体的に記述してあればなお良かった(参考文献や註で出典は確認できるが)。2018/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13073418

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。