兵士たちがみた日露戦争―従軍日記の新資料が語る坂の上の雲

個数:

兵士たちがみた日露戦争―従軍日記の新資料が語る坂の上の雲

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784639022466
  • NDC分類 210.67
  • Cコード C0021

内容説明

与謝野晶子の弟は旅順戦をたたかったのか?本当は奉天城を大阪の部隊が占領していた?従軍日記による新たな研究法。日露戦争の真相を兵士の日記から読み解く。

目次

第1章 日露戦争の時代(戦争の世紀;日露戦争、日本軍の快進撃;日露戦争っを戦った兵士)
第2章 従軍日記がかたる南山の戦い(兵士・下士官・将校;兵士の衣・食・住;武器と訓練;従軍日記がかたる南山の戦い;日露戦争をどう捉えるか)
第3章 旅順要塞攻略戦―後備歩兵第九聯隊の壊滅(語り継がれなかった兵士たち;後備歩兵聯隊とは;高城義孝聯隊長;後備歩兵聯隊の旅順戦;後備歩兵第九聯隊のその後)
第4章 奉天城に旗を立てた兵士たち(奉天会戦とは;第四師団(大阪)の奉天会戦
運命の三月一〇日
クリスティー著『奉天三十年』
奉天城の東側から
薄氷を踏む奉天城突入)
第5章 追検証従軍日記が語る『坂の上の雲』(ロシア皇帝は戦争を望んでいなかった;日露戦争を通じて私たちのくらしをかえたもの;従軍日記をどう評価sるか;数多くの戦死者・俘虜;与謝野晶子の弟は旅順戦に参加したのか;会場から)

著者等紹介

横山篤夫[ヨコヤマアツオ]
1941年生まれ。千葉県出身。関西大学非常勤講師

西川寿勝[ニシカワトシカツ]
1965年生まれ。大阪府出身。大阪府教育委員会文化財保護課(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件