定本 実録 大江戸奇怪草子―忘れられた神々 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

定本 実録 大江戸奇怪草子―忘れられた神々 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 12時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784635823296
  • NDC分類 914.5
  • Cコード C0095

内容説明

妖狐、妖狸、妖猫たちが跋扈し、百鬼が横行した江戸時代。人々は冥府や異界からの使者を畏怖し、人知を超えた存在として敬っていた。驕慢・奢侈・傲慢を戒め、暮らしに警鐘を鳴らし続けた使者たち。その妖しきものどもは何処へ―。

目次

第1部 狐狸の業(狐の復讐;狐もかなわぬ;河童 ほか)
第2部 不思議話(不思議な小箱;学者狐;扇筥の秘密 ほか)
第3部 縁起由来(川の怪;観音坂の妖怪;池尻の女 ほか)

著者等紹介

花房孝典[ハナフサタカノリ]
1946年、名古屋生まれ。作家・評論家。慶應義塾大学法学部卒業。雑誌『ホットドッグ・プレス』の創刊メンバーで同誌名の案出者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

onasu

13
狐や狸が化けて出た何て話しを、僕らは昔話として聞いているけど、僅か150年前、戦前だったら、幕末に生まれた方もおられたでしょうと考えると、それらが語られていた江戸時代とは、そんなに遠い昔でもない。  とは言うものの、現況のコロナ禍がそんな時代だったなら、疱瘡神と同じように、アマビエが、何て言っていたんだろうな、と思うとゾッとするけど。  未だ未だおもしろい話しも埋もれているのでしょう。追々出典元にもあたってみたいですね。2021/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18000689

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。