アメリカのありふれた町で

個数:
電子版価格
¥1,848
  • 電書あり

アメリカのありふれた町で

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月23日 09時32分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 315p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784635823197
  • NDC分類 302.53
  • Cコード C0095

内容説明

アメリカを作った“奇跡”はなぜ起こったのか。実際に旅をして、町を訪ね、人と出会って知った、数奇な物語の数かずが、ここによみがえる。

目次

アメリカのありふれた町で(ストップモーションの後で;ウィリー・ボーイの丘;間違われたロデオ・スター;ハウンテッド・ホテル物語;サン・アントニオと三河との間に;サンタ・ローザの空の下;大統領をマットに這わせた男)
夭逝伝説―ビリー・ザ・キッドを追って

著者等紹介

東理夫[ヒガシミチオ]
1941年生まれ。作家、エッセイスト。アメリカ文化への造詣が深く、ミステリー文学から音楽、料理まで幅広い知識を生かしてさまざまな分野で執筆を続ける。ブルーグラス奏者としても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

妖湖

1
図書館本。筆者のアメリカに対する強い思い入れはよく伝わってきた。ただ話があちこち飛ぶので、ちょっと話の筋を見失いがちになる。後半の「ビリー・ザ・キッド」の話はルポというより筆者がこうあってほしいなという願望ではないかな。なぜ「ミステリマガジン」の連載だけでまとめなかったのか。雑誌掲載の時の写真を見たかった。2021/12/04

chinaishingoo

0
思ってたのと違った。アメリカのありふれた街が浮かんでこない。作者のお考えばかりが記され、旅情感も薄く、面白くなかったなあ。ビリーザキッドの章が特につまらん。2022/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17996876
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。