ヤマケイ新書<br> 大地の五億年―せめぎあう土と生き物たち

電子版価格 ¥792
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ヤマケイ新書
大地の五億年―せめぎあう土と生き物たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 229p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784635510226
  • NDC分類 613.5
  • Cコード C0275

内容説明

生き物が土を変え、土が生き物を変えてきた。植物・動物・ヒトの歩んだ道を、土壌学者が掘り起こす。

目次

プロローグ 足元に広がる世界(地球は茶色かった?;旅をはじめる前に)
第1章 土の来た道:逆境を乗り越えた植物たち(土壌が存在しなかった地球;大陸移動とシダの森 ほか)
第2章 土が育む動物たち:微生物から恐竜まで(栄養分をかき集める生き物たち;腸内細菌の活躍 ほか)
第3章 人と土の一万年(ヒトの酸性土壌への適応;水と栄養分のトレードオフ ほか)
第4章 土の今とこれから:マーケットに揺れる土(エネルギーが届くまで;スギ林に囲まれた不思議な景色 ほか)

著者等紹介

藤井一至[フジイカズミチ]
1981年富山県生まれ。2009年京都大学農学研究科博士課程修了。京都大学博士研究員、日本学術振興会特別研究員を経て、現在は森林総合研究所研究員。専門は土壌学、生態学。国内各地、インドネシア・タイの熱帯雨林からカナダの永久凍土まで、おもしろい土と生き物を求めて、スコップ片手に飛び回っている。第一回日本生態学会奨励賞(鈴木賞)受賞。第三十三回日本土壌肥料学会奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

植物にはじまり、微生物・昆虫・恐竜から人まで、土と関わりのない地上生物はいません。生き物はどのように土に適応してきたのか? そして土は生き物にどんな影響を受けてきたのか? 気候変動から戦争まで、生命の歴史を土をキーワードに読み解きます。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件