ヤマケイ文庫<br> 瀟洒なる自然―わが山旅の記

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり

ヤマケイ文庫
瀟洒なる自然―わが山旅の記

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月13日 16時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784635049191
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0175

内容説明

『日本百名山』の著者、深田久弥の紀行・随想集。登場するのは下北半島の山、北上山地、越前の山、餓鬼・唐沢岳、奥大日岳、有明山、焼額山など、登山者の少ない静かな山ばかり。山の選択同様、紀行文の間に挿入された随想には、登山界を鋭く見つめる深田の批評的精神が読み取れて興味深い。山への思いを歯に衣着せぬ筆致で描いた随想集として、百名山ファン必読の一冊。

目次

山頂
春雨の山
行者ニンニク
山と日本武尊
ピッケル
国見峠
安楽椅子の登山家
越前の山
山の小鳥たち
北上山地と陸中海岸〔ほか〕

著者等紹介

深田久弥[フカダキュウヤ]
1903(明治36)年3月11日、石川県江沼郡大聖寺町(現加賀市)に生まれる。第一高等学校をへて東京帝国大学文学部哲学科入学。高校・大学時代に丹沢、大菩薩、奥秩父、八ヶ岳、朝日連峰、尾瀬、薬師岳などに登る。その頃、「新思潮」ほかの同人誌に参加。東大在学中に出版の改造社入社、編集生活を送る。25歳のとき小説「実録武人鑑」を発表。文壇生活をつづけながら山登りは絶えることがなかった。1944年、陸軍少尉で中国戦線へ。1946年復員。戦後は、登山・探検関係を中心に執筆活動。1965(昭和40)年、『日本百名山』で、第16回読売文学賞(評論・伝記部門)を受賞。ヒマラヤ、シルクロード研究にも力を注ぎ、『ヒマラヤの高峰』『中央アジア探検史』の代表作がある。1971(昭和46)年3月21日、茅ヶ岳にて脳卒中で急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やっちゃん

8
50年前に山の環境破壊、登山のスポーツ化を嘆く深田久弥。あなたが選定した百名山は今も大人気、山の開発は当時がピークで環境保全がすすんでる。ギアの進化によりスポーツ感覚の登山も可能になりました。昔は良かった的なエッセイですがたしかに羨ましい部分が多い。2022/06/29

Kママ

2
ただ登頂することだけを目的とするのではなく、訪れた地域の歴史、文化に興味を持ち、先人たちの表現に思いを巡らす。'わが山旅'という言葉にも、登山だけでなく旅全体が目的となっていることが現れている。登山口まではできるだけ早く行こうとする今の登山は山旅とはいえないだろうと反省する。 表紙もきれいで本棚に並べたい本。2021/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18118405

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。