ヤマケイ文庫<br> 定本 山村を歩く

個数:
電子版価格 ¥820
  • 電書あり

ヤマケイ文庫
定本 山村を歩く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A6判/ページ数 356p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784635047944
  • NDC分類 291.09

内容説明

都市近郊の低山から奥山の懐深くまで、ときに深い森をぬけ、ときに日本アルプスの高峰を仰ぎつつ、山とともに人々が暮らす風景を訪ねる…。旅行雑誌『旅』の名編集長として知られた著者が、歩いて旅した日本全国の山里のようすを精緻に記録した紀行文三十二編を収録。一九七四年に初版が刊行された際は大きな反響があった名作を復刻し、未来に伝えたい山村の風景を再現する。

目次

第1部 山村の組曲(秩父の隠れ里へ;こけしの里の鎮魂歌;冬野―中世の飛鳥路 ほか)
第2部 アルプスの見える村(冬枯れの湖畔;甲斐駒が見守る温泉宿;空狭き谷間 ほか)
第3部 推理する山旅(祖谷溪の源平譚;柳久保池と奇蹟の民家;秋葉街道・三泊四日 ほか)

著者紹介

岡田喜秋[オカダキシュウ]
1926(大正15)年、東京生まれ。作家。旧制松本高校を経て、1947(昭和22)年、東北大学経済学部卒業。日本交通公社に入社し、1959(昭和34)年より十二年間、雑誌『旅』の編集長を務める。編集者時代から日本各地を取材して、数多くの紀行文を発表。退職後は、横浜商科大学教授として、観光学の構築に努める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

『定本 日本の秘境』『旅に出る日』に続く岡田喜秋氏の紀行文復刊第三弾!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件