世界史リブレット<br> マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者

個数:

世界史リブレット
マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月24日 06時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 104p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784634350564
  • NDC分類 288.493
  • Cコード C1322

内容説明

ハプスブルク家のマリア・テレジアとヨーゼフ2世の母子君主は、啓蒙思想一色の18世紀のどのようにしてヨーロッパ屈指の伝統と権威をもつ王朝と国家を守ったのだろうか。そして彼らは目的をはたすために、どのように改革と外交を推進したのだろうか。また、そうした政策に母と子の価値観の相違はどのように投影されたのだろうか。それらの解明をとおして18世紀における中・東欧地域の複雑な様相とその時代状況を浮き彫りにする。

目次

母子君主二代
1 君主国継承者、マリア・テレジア
2 マリア・テレジアの統治時代
3 母と子の「共同統治」時代
4 ヨーゼフ二世の単独統治時代
5 君主国の政治的混乱と文化的活性化

著者等紹介

稲野強[イネノツヨシ]
1943年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。専攻、中・東欧近代史、日墺文化交流史。現在、群馬県立女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。