明治維新 勝者のなかの敗者―堀内誠之進と明治初年の尊攘派

個数:
電子版価格
¥2,750
  • 電書あり

明治維新 勝者のなかの敗者―堀内誠之進と明治初年の尊攘派

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 23時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 396p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784634151956
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

出版社内容情報

「堀内誠之進」という土佐藩出身の幕末維新の志士がいる。今日、その名はほとんど知られていないが(『日本人名大辞典』講談社には記載あり)、寺石正路『続土佐偉人伝』(1923)には、「誠之進三度謀反の企てにあづかり三度失敗して遂に獄中に憤死す其そ行、中道にあらずと雖も倔強の奇男子なりといふべし」と紹介されている。
この3度というのは「奇兵隊の反乱」(1870年)、「二卿事件」(1871年)、「西南戦争」(1877年)であり、いずれも攘夷を捨てた有司専制の新政府に対する決起行動で、堀内は首謀者またはオーガナイザーとして深くかかわった。
堀内の生涯には、徳川幕府を倒し新政府の樹立に功ありながらも維新後切り捨てられ、弾圧されていった幾多の「草莽の志士」「不平士族」たちの失望、憤激、悲劇が凝縮されており、そうした理想に敗れたものたちのなかにあって「征韓論」「西南戦争」「自由民権運動」と幅広くかかわった稀有な人物であるため、彼の生涯を追うことでそうした様々な敗者を具現化できるのではないかと考える。

内容説明

政府高官暗殺事件、士族反乱、西南戦争―。維新後に切り捨てられた多くの志士たちによる数々の重要事件に深く関わりながら、忘れ去られようとしていた謎の人物の軌跡を、35年にわたる膨大な調査・研究から掘り起こす!

目次

第1部 脱藩草莽篇(生い立ち;幕末;維新後の攘夷派;大村益次郎暗殺;奇兵隊反乱 ほか)
第2部 不平士族篇(鹿児島預り;弟たち;西南戦争;土佐派の陰謀;潜伏逃亡 ほか)

著者等紹介

遠矢浩規[トオヤヒロキ]
1963年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業(政治哲学)、マサチューセッツ工科大学大学院修士課程修了(イノベーションの理論・政策)、慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了(国際関係論)。博士(法学)。経団連(国際経済部など)、アジア経済研究所客員研究員、広島大学法学部教授を経て、早稲田大学政治経済学術院教授。早稲田大学でのオンデマンド講義「国際政治経済学」は同大学の「2020年度第9回WASEDA e‐Teaching Award」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

3
脱藩草莽篇:生い立ち 幕末 維新後の攘夷派 大村益次郎暗殺 奇兵隊反乱 同時多発クーデター計画 二卿事件 不平士族篇:鹿児島預り 弟たち 西南戦争 土佐派の陰謀 潜伏逃亡 最後2021/11/08

かっこ

1
私事ですが、ご先祖の名前があったので手に取った本。明治維新前後いつも決まった名前が取りざたされますが、この本を読むと影で大勢の人々が命を懸けて右往左往していたことがうかがえます。今とは何たる違い。ご先祖様がそのうちのひとりだったとわかり感動しました。2023/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18215453
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。