みんなで楽しむeスポーツ―多様性とICTの時代に即した新しいスポーツの可能性

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

みんなで楽しむeスポーツ―多様性とICTの時代に即した新しいスポーツの可能性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 06時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784634151840
  • NDC分類 797.9
  • Cコード C0037

内容説明

スポーツ人類学、スポーツ教育学、スポーツ政策学の各方面からeスポーツの様々な可能性を探る。

目次

第1章 eスポーツの概要と現状(eスポーツの概要;eスポーツ業界の現状 ほか)
第2章 コンピューターゲームによる競技はスポーツなのか?(コンピューターゲームの歴史;競技会の開催とプロゲーマーの出現 ほか)
第3章 eスポーツに教育的効果はあるか?(教科体育の教育的効果とeスポーツの関係;体育科・保健体育科の実情とeスポーツの教育的効果 ほか)
第4章 eスポーツの普及のために必要な施策とは(「ヒト」は誰が管理するのか;「モノ」の視点からeスポーツを考える ほか)

著者等紹介

田簑健太郎[タミノケンタロウ]
日本体育大学大学院体育学研究科(修士課程)修了。専攻、スポーツ史・スポーツ人類学。現在、流通経済大学スポーツ健康科学部大学院スポーツ健康科学研究科教授。東京体育学会常任理事。龍ケ崎市スポーツ推進計画審議会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tenouji

18
年甲斐もなくスプラトゥーンを始めて、自称4歳のプレイヤーにボコられる毎日w。YouTubeには、如何に勝つかの解説動画がアップされていて、上手いプレイヤーはバトルに必要な概念を的確に説明してくれている。オンラインバトル相手のマッチングは自動で行われ、ある意味、短時間のバーチャルサバイバルゲームでもあり、チーム内の役割分担を即座に判断し行動に移す必要あり。スキル評価は明確な基準で、これも自動で行われ、自らの成長がわかる仕組みや、振り返りのためのデータもある。おそらくこういうことをeスポーツというw。2021/09/12

スプリント

8
可能性は満ち溢れているが危うさも感じるeスポーツ。 成熟するには業界内部の成長と統制も必要と感じた。2022/05/29

電気石

2
eスポーツは、知れば知る程魅力的だよなと思う。自分が幼い頃からゲームに触れて楽しむことが出来たのは、ゲームをしていた父親のおかげだ。テレビでeスポーツや選手について取り上げられることもあり、身近な存在になっているのではないだろうか。親からゲーム類を禁止されていた友人が身近にいたからこそ、社会でのゲームの存在が昔と比べ変化していることを実感する。性別や身体的格差が問題になりづらいとあったが、現状は偏っていると言わざるを得ない。これから先、この世界はまだまだ発展していくだろうから、注目していきたい。2021/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18357740
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。