本が好き

個数:
  • ポイントキャンペーン

本が好き

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2017年12月16日 16時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784634151222
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

子どもの頃から本が好きだった。母が「へそくり」を工面して『少年倶楽部』を買ってくれた。これが生涯ただ一度の宝物になる事件だった。

目次

糞の山にもぐりこんで一生このままでいよう 『完訳ファーブル昆虫記』奥本大三郎訳
奥さん。砂漠でそんなことを言わんでも… 武田百合子『犬が星見た―ロシア旅行』
アフガン人の犠牲はその百倍だと考えてもいい 中村哲・澤地久枝『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る』
文明人はこれをやぶってはシリフキにつかう 『絵本パパラギ』構成・絵 和田誠、ショイルマン編、岡崎照男原訳
心の支えにしてもらいたい本 デカルト『方法序説』谷川多佳子訳
科学の道は遠い 橘南谿『東西遊記』宗政五十緒校注
門外不出の本、貸すわけにはいかない ホワイト『科学と宗教との闘争』森島恒雄訳
「遺伝子のたくらみ」を語るよりもむつかしい 日高敏隆『人はどうして老いるのか 遺伝子のたくらみ』
私にはただ非常な不名誉だけが残されたのであります コロンブス『全航海の報告』林屋永吉訳、堀田善衛『スペインの沈黙』、ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』染田秀藤訳
そんな長いものが読めるか、というひともあろうが デュマ『モンテ・クリスト伯』山内義雄訳〔ほか〕

著者紹介

安野光雅[アンノミツマサ]
1926年、島根県津和野町生まれ。山口師範学校研究科修了。1974年度芸術選奨文部大臣奨励賞、その後ケイト・グリナウェイ特別賞(イギリス)、最も美しい50冊の本賞(アメリカ)、BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞などを受賞。1988年に紫綬褒章、2008年に菊池寛賞を受ける。津和野に「安野光雅美術館」、京丹後市には「森の中の家 安野光雅館」がある。著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)