会いたかった画家

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

会いたかった画家

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 09時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784634150935
  • NDC分類 720.28
  • Cコード C0095

内容説明

美しさを前に思わず立ち尽くした絵から、こういうふうに描きたかったと思った作品まで。

目次

1 白い窓(色彩の魔術師―パウル・クレー;人間は醜い、しかし人生は美しい―トゥールーズ=ロートレック;うつろな目、傾いた顔、細長い首―モディリアーニ ほか)
2 永遠と瞬間(時間が絵の上を通り過ぎていく―ブリューゲル;一日に一ページ―ベリー公の時祷書;これを視るまでは死ねない―張択端 ほか)
3 美術史はいつも遅れてやってくる(グルジアに生きた天才画家―ピロスマニ;湯布院で見た絵のこと―東勝吉;欠陥こそ最大の長所―わが友ルソー ほか)

著者等紹介

安野光雅[アンノミツマサ]
1926年、島根県津和野町に生まれる。画家。最も美しい50冊の賞、ケイト・グリナウェイ賞、国際アンデルセン賞、紫綬褒章、菊池寛賞などを受賞。文化功労者。2001年3月には、津和野に安野光雅美術館が開館した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

127
安野さんがご自分の好きな絵画作品を一堂に集めて安野光雅美術館をつくっているような気がしました。作品もカラフルにしてありわたしも一緒に鑑賞しました。最初に私の好きな大原美術館のセガンチーニの作品を持ってこられているので一気にこの世界の虜になりました。私の知らないロックウエル、ピロスマニとか東勝吉の作品もよいものでした。2019/11/12

Ikutan

59
絵が好きな人に見てもらいたいという安野さんの思いがいっぱい詰まった一冊。ゴッホやモディリアーニなどの著名な画家の作品からラスコーの洞窟画、老人ホームに入所してから絵筆を握ったという素人の作品まで、たくさんの写真と共にその魅力がぐっと伝わってきます。ブリューゲルの作品の解説などはとても詳しく、実物を観てみたいと思いました。それぞれのエピソードは興味深く、所々脱線するのが安野さんらしくて思わずクスリと。一番気になったのは、ロックウェルの作品。読後検索しちゃいました。表紙はクレー。この本は手元においておきたい。2016/07/28

とよぽん

30
安野さんは、これまで世界のいろいろな所を訪ねてこられたことが分かった。いにしえの画家の生誕地や活動拠点、お墓など、車に乗ってフットワークよく探究していらっしゃる。79歳から絵を描き始めた湯布院の画家、東京上野にある冠商店の店主の絵も紹介されている。絵を習ったことのない人が、安野さんを感嘆させる絵を描いた! ということに驚いた。戦後、倉敷に出かけたとき買った一本の絵の具、セルリアンブルー・・・あれは希望の色だった、という文も印象に残った。2019/11/28

風に吹かれて

21
 2016年刊。他に囚われず自由に描く画家が好きだった安野光雅の回顧的画家を巡る旅。 「画家」と言っても範囲は広く「画」家である写真家も含んでいる。本をパラパラ眺めて、なぜ谷川俊太郎の全体像の写真が載っているのだろう、と思っていたら、野田弘志という画家による筆の跡を一切残さない肖像画だった。映画の奥深いシーンを描いたようなリアルなノーマン・ロックウェル(『サタデー・イブニング・ポスト』の表紙を手掛けた)、➡2021/02/10

tama

16
図書館本 安野さんが体験した画家のこと 野田弘志の谷川俊太郎すごい!小村雪岱の最後の文で「晴信、広重、北斎よりも情緒があり、雪岱の考え方、作品の佇まい、態度、物腰まで含めて雪岱が好き」と言い切ってる。面白い。ノーマンロックウェルをよく採り上げてくれたと思った。「登場人物が何を考えているかを描こうとしている」賛成!!気になったのはゴッホの章で緑の麦畑と黄色の菜の花畑と書いてあること。色が逆転してませんか?セラフィーヌは2010年に映画で見ました。ジャンルに関わらず創作やる人に読んで欲しい本。2018/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11032102
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。