高周波領域における材料定数測定法

個数:

高周波領域における材料定数測定法

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784627791619
  • NDC分類 547.518
  • Cコード C3054

出版社内容情報

各種デバイスやEMC材料等の研究開発において,材料定数測定の必要性はますます高まっている.本書ではマイクロ波,ミリ波帯における材料定数の測定法について,基礎原理から実際の測定法までを,具体例を多くあげながら解説する.

材料の概要/同軸管反射法/同軸管透過法/方形導波管法/共振器法/ホーンアンテナ法/レンズ法/エリプソメトリー法/

内容説明

具体例で解説。各種測定法の原理の詳細、測定の実際例、および材料定数導出プログラムを掲載。

目次

第1章 測定の概要
第2章 同軸管反射法
第3章 同軸管透過法
第4章 方形導波管法
第5章 共振器法
第6章 ホーンアンテナ法
第7章 レンズ法
第8章 エリプソメトリー法

著者等紹介

橋本修[ハシモトオサム]
1978年電気通信大学大学院修士課程修了。1978年株式会社東芝。1981年防衛庁技術研究本部第1研究所。1986年東京工業大学大学院博士課程修了。1989年防衛庁技術研究本部第2研究所主任研究官。1991年青山学院大学理工学部電気電子工学科助教授。1997年同教授、現在に至る(工学博士)。専門は環境電磁工学、生体電磁工学、マイクロ波・ミリ波測定
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。