自動車運動力学―気持ちよいハンドリングのしくみと設計

個数:
電子版価格 ¥3,960
  • 電書あり

自動車運動力学―気持ちよいハンドリングのしくみと設計

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年10月16日 14時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784627691117
  • NDC分類 537
  • Cコード C3053

内容説明

ドライバの感覚を力学的に読み解き、操縦安定性の性能設計に活かす。

目次

第1部 機械的性質としての操縦安定性(自動車の運動方程式;半径一定で旋回するときの性能;動的な操舵応答の基本性能;旋回の限界;旋回中の減速時の安定性;外乱に対する安定性)
第2部 ドライバが感じる車両の動き(腰で感じる操舵直後の車両の動き;手で感じるハンドルからの力;手で感じるハンドルの動き;目で感じる車体のロール運動;スポーツ走行における旋回限界)
第3部 性能設計(諸性能の両立・向上技術)

著者等紹介

酒井英樹[サカイヒデキ]
1984年横浜国立大学工学部卒業。同年トヨタ自動車に入社し、車両運動性能の研究や、車両運動性能面からの車両開発、運動制御システム開発、予防安全・運転支援の制御システム開発、ボデー設計、SUVの製品企画に携わる。また、テストドライバの資格をもち、テストコースやサーキットにおいて走行実験や評価を行う。2012年近畿大学工学部知能機械工学科(現ロボティクス学科)准教授。1999年博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。