自動運転―システム構成と要素技術 (第2版)

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり

自動運転―システム構成と要素技術 (第2版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 17時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784627674622
  • NDC分類 537
  • Cコード C3053

内容説明

自動運転車の開発エンジニアが書いた技術書!自動運転の根幹をなす「認知・判断・操作」の3機能について、要素技術を体系的に解説。また、技術、ヒューマンファクタ、社会性などの側面から課題をまとめ、解決策のヒントを示す。第2版では、公道実験と実用化が急速に進んでいることを受けて、全体的に記述を補いました。また、さまざまな機能の要となる人工知能(AI)の説明を加えた。

目次

第1章 自動運転の概要(自動車交通の現状と課題;自動運転の目的・ニーズ ほか)
第2章 自動運転システムの歴史(第1期:路車協調方式の自動運転システム;第2期:自律方式自動運転システム ほか)
第3章 自動運転のための技術(自動運転システムの構成;センシング技術 ほか)
第4章 自動運転システムの実例(安全性の向上の事例;効率化の事例 ほか)
第5章 自動運転の課題(アーキテクチャの課題;技術的課題 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たこ焼き

8
交差点の情報をやりとりできれば、カメラを使って現在位置の推定ができる。磁器マーカーから磁場の大きさで位置情報を推定できる。レーザーや敷設されたファイバーの温度で道路状況を把握。自社位置と、将来の車の状況、地図が正しく認識できていれば自動運転は可能。(それができないと難しい。)地図をノードとエッジで表現したベクトル地図はデータ量は少なくてもアルゴリズムが複雑になる。リスクを前もって見積もる仕組みがいる。歩行者は服装が多彩でなかなか検出が難しい。交差点に入る際に必ずセンサーを身に着けるなどの方法を模索している2021/01/24

NN100

0
自動運転の、主に官の取り組みの概要が分かった。2022/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13723319
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。