実用メカニズム事典―機械設計の発想力を鍛える機構101選

個数:
電子版価格 ¥3,960
  • 電書あり

実用メカニズム事典―機械設計の発想力を鍛える機構101選

  • ウェブストアに97冊在庫がございます。(2021年10月16日 15時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 329p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784627614710
  • NDC分類 531.3
  • Cコード C3053

内容説明

メカニズム設計の引き出しを増やそう!「こんな複雑な動作をどうやって作ればよいのだろう?」「従来型をもとに機構を選んだけれど、もっとシンプルでコストが低い案はないかな?」このような悩みをもつエンジニアに、動作・目的で分類した101項目のヒントを示します。

目次

第1章 直線運動
第2章 回転運動
第3章 角度・変位と力の制御
第4章 運動変換
第5章 軌道生成
第6章 走行装置
第7章 流体機械
第8章 ロボット応用
付録

著者等紹介

岩本太郎[イワモトタロウ]
1970年早稲田大学理工学部機械工学科卒業。1972年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了(機械工学専攻)。1972年株式会社日立製作所に入社。1990年早稲田大学より工学博士(ロボット工学)の学位取得。1996年龍谷大学理工学部機械システム工学科教授。2015年龍谷大学名誉教授。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まつ

1
機械設計屋ではないので、直接的にはすぐには役に立たないが、様々な機構を知れて面白いです。自ら機構を生み出せればすごいですが、生み出したものが既存だとそれにかけた労力が報われない。それならば、既存の機構で適用できそうなものを利用できれば近道だと思う。そのためには引き出しを増やしておくか、探せるツールが必要になってくるわけで、本書はうってつけだと思いました。2020/11/24

みちしるべ

0
ロボコンサークルに入っていた大学時代に読んでおくべきだった。 なんとなく選んでいた機構を、もっと良くしようと取捨選択することができただろうに…。 ところで、「動力の伝達機構」というテーマにすごくワクワクしてしまうのは、物理選択者のサガなのか。 モノづくりしたくなる、素敵な1冊でした。2021/04/17

遊星学的論理

0
学校の課題のために図書館から借りた。実際の機械のなかで動いている歯車やリンク機構等が一覧として記載されている。目的別に機構が並べられているので、アバウトな構想段階から具体的にどのような機構が適しているのかを固める際に使うとよいと思う。2021/02/05

ピリカ・ラザンギ

0
ギアや歯車など動力を伝えたり物を移動させる機構。いろいろ計算式があるけど読み飛ばした。見てるだけでも楽しい。2021/01/02

ぺこなみ

0
▲ 目的を持って読めばとても参考になりそう2020/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15116438

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。