最新 耐震工学 (第5版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

最新 耐震工学 (第5版)

  • 大原 資生【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 森北出版(1998/10発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 50pt
  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784627431249
  • NDC分類 524.91
  • Cコード C3051

内容説明

この初版を著してから、すでに四半世紀が経過した。その間には多くの震災が発生し、そのたびに耐震工学に関する研究が行われ、多くの知見が得られた。また、それらを取り込んだ形での各構造物の耐震設計基準の改定が行われてきた。本書では、このたび、全内容を見直して全面的な改版を行った。その際、著者が留意したことは、新しい内容を盛り込みながらも、本書が耐震工学の入門書として旧版同様の特色を失わないようにということであった。

目次

第1章 地震概論(地震およびその原因;地震動 ほか)
第2章 震害(一般の震害;地盤と地震動 ほか)
第3章 設計震度(震度法;地震時保有水平耐力法 ほか)
第4章 耐震設計の基本事項(地震時土圧;地震時の斜面安定解析 ほか)
第5章 動的設計概説(1自由度系の振動;2自由度系の振動 ほか)

出版社内容情報

本書第5版は,全内容を見直して全面的な改定をした新版.特に,兵庫県南部地震を契機に改正された道路橋をはじめ各種の構造物の耐震設計基準を詳細にとりまとめ,地震時保有水平耐力法,対応変位法などの記述も追加した.

■目次 地震概論/震害/設計震度/耐震設計の基本事項/動的設計概説