日常の「なぜ」に答える物理学

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

日常の「なぜ」に答える物理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 05時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784627156111
  • NDC分類 420
  • Cコード C3042

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

phmchb

5
教科書風な本。2017/11/27

西澤 隆

5
「虹はなぜ二重になるのか」の一目瞭然解説イラストからはじまるこの本では「目の高さが1.5mのひとにとっての地平線は何キロ先か」や「空気圧がどれくらい打球の放物線に影響があるのか」などを高校くらいまでのそんなに難しくない数学で説明してみせる。ひとつひとつ拾い読みするとものすごくエキサイティングで面白いのだけど通して読んでいるとだんだん眠くなるのは何故(笑)。「三角関数や微分積分なんて社会に出たら使わないよ」なんて言うひともいるけど案外と使うと便利な局面はあるもの。あとは「使い方」を知っているかどうかだよね。2015/12/23

おりぜる@論文終わるまで読書可能時間激減

3
これはいい本!高校生にぜひ勧めたい。▼物理学とは何かという説明から始まり、物理量についてまとめ、高校で扱う、力学・熱力学・波動・電磁気学・原子核に加えて流体力学について解説。▼レイアウトがスッキリしてて見やすい。図がたくさんあって分かりやすい▼例として身のまわりの現象や道具について多数取り上げている▼物理学史も解説▼もうこれを高校物理の教科書にして欲しい。2016/12/21

Azure

1
興味本位で大学で借りたけど、高校物理を復習するのにも役立ちそう。サラッと、と言うには分量がそこそこ多いけどコラムも多くて飽きずに読める。2016/04/10

RuiRui

0
タイトルが5752017/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9860616

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。