シュレーディンガーのジレンマと夢―確率過程と波動力学

個数:

シュレーディンガーのジレンマと夢―確率過程と波動力学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月16日 15時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784627153417
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3042

出版社内容情報

シュレーディンガーの波動方程式を主題にして,確率過程論に立脚した立場から量子力学の全体像を説く.歴史的なエピソードやイラストを交えて興味深く解説している.

序 章/マックスウェルとシュレーディンガー/1920年代/マックス ボルン/新しい考え方/ノイズのある運動/確率過程を作る/ノイズのある運動と干渉現象/夢ではない/量子的粒子の運動/相対論と確率過程/エピソード/いくつかの話題/いくつかの話題 続き/おわりに

内容説明

電子は粒子なのか波動なのかというジレンマ。確率過程論の立場から、シュレーディンガーの波動方程式をめぐるミステリーを解明する。

目次

マックスウェルとシュレーディンガー
1920年代
マックス・ボルン
新しい考え方
ノイズのある運動
確率過程を作る
確率過程と干渉現象
夢ではない
量子的粒子の運動
相対論と確率過程
エピソード
幾つかの話題

著者等紹介

長沢正雄[ナガサワマサオ]
1933年前橋市生まれ。1957年東京工業大学物理学科卒業。1959年東京工業大学数学科卒業。名古屋大学、東京工業大学、コーネル大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校、スタンフォード大学、オルフス大学、エルランゲン大学などで数学の研究と教育にあたり、1978年からチューリッヒ大学教授。現在、チューリッヒ大学名誉教授、理学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

slip001

1
面白い。量子力学の疑問が氷解した。確率力学を学びたいなと思わせる良書。2013/07/25

めぐみ

0
ノートに書き写しながらじゃないと理解したつもりになれないです。でも、とても面白かったです。2012/02/23

su96

0
今まで苦手だった量子論を詳しく学び直したくて、参考書片手に読んでいった。非常に難しい内容であるが、個人的には非常に楽しく読む事ができた一冊。本は書き込みだらけになった。量子論を研究する科学者たちの意見のぶつかり合いや、量子論が構築されていく歴史も面白い。量子は物理学が生み出すSFの様な感じで、非常に夢があるな、と。量子論が少し理解できるようになった一冊です。2011/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1339370

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。