国語論究 〈第3集〉 文章研究の新視点

個数:

国語論究 〈第3集〉 文章研究の新視点

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 338p/高さ 23X17cm
  • 商品コード 9784625520631
  • NDC分類 810.4
  • Cコード C3381

目次

万葉語の語性―副詞語彙をめぐって
助動詞「たし」の用法―文論の視点から
助詞・助動詞から見た梵舜本沙石集の文章―和漢両文脈の混淆を中心として
近世初期における伝文の体の訓読と「ゾ」
明治前期口頭語における文末語―『真景累ケ渕』を中心に
書簡文の文章構造―近代書簡文を例として
漱石の文体―文末表現を中心として
山本有三の小説における物語的文体―短編小説『こぶ』と中編小説『無事の人』の表現性
『細雪』における文章表現の特色―接続詞「ソウイエバ」使用の表現形態から
比喩理解過程の表現論的分析―たとえるものを問うアンケート調査の回答結果に即して
『色葉字類抄』読考略第3
変容方言―「なくしよう」は方言か
資料複製 山県周南『作文初問』