ポイエーシス叢書<br> ピエタ ボードレール

個数:

ポイエーシス叢書
ピエタ ボードレール

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月25日 15時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784624932657
  • NDC分類 951
  • Cコード C0398

内容説明

現代フランス最高の詩人で批評家のミシェル・ドゥギーが2012年のコレージュ・ド・フランスでのボードレール講義をもとに断章ふうに書き下ろした詩人論。フランス近代の代表的詩人であるボードレールが詩集『悪の華』で問うた詩の「観念の明晰さ」と「希望の力」という問題系を、デリダやバンヴェニストなどを参照しつつ現代世界の諸問題を前にした最新の詩学というかたちで応答した、詩的・哲学的論考。訳者による長篇インタビュー付き。

目次

ピエタ ボードレール
悪の華
いまなお、わたしたちのためのボードレール
謎の男と天上の者たち
わたしたちのために…?
読解の矢―詩は射抜く、詩は波打つ、詩は棄教する
二元性
ボードレールのカント思想にふれて
高翔の原理
倦怠〔ほか〕

著者等紹介

ドゥギー,ミシェル[ドゥギー,ミシェル] [Deguy,Michel]
1930年、パリ生まれ。詩人、哲学者。パリ第8大学名誉教授。Po&sie編集長。Les Temps Modernes編集委員。国際哲学コレージュ、作家会館の代表を歴任。アカデミー・フランセーズ詩大賞ほか受賞多数

鈴木和彦[スズキカズヒコ]
1986年、静岡生まれ。京都大学文学部卒業。東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。現在、パリ第10大学博士課程。フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現代フランス最高の詩人で批評家のミシェル・ドゥギーが2012年のコレージュ・ド・フランスでのボードレール講義をもとに断章ふうに書き下ろした詩人論。フランス近代の代表的詩人であるボードレールが詩集『悪の華』で問うた詩の「観念の明晰さ」と「希望の力」という問題系を、デリダやバンヴェニストなどを参照しつつ現代世界の諸問題を前にした最新の詩学というかたちで応答した、詩的・哲学的論考。訳者による長篇インタビュー付き。

目次

はじめに
ピエタ ボードレール
悪の華
いまなお、わたしたちのためのボードレー
謎の男と天上の者たち
わたしたちのために……?
読解の矢――詩は射抜く、詩は波打つ、詩は棄教する
二元性
ボードレールのカント思想にふれて
高翔(エレヴァシオン)の原理
倦 怠
マラルメの墓
直観と象徴
象 徴
寓意について
脱信仰の実践
「世界は終わろうとしている」、歴史性、文化
ナダール、「写真」、イメージ
イヴ・ボヌフォワとボードレール
「詩的言語」は存在するか
「隠喩」のもとで、話すことで(みずからを)形象する
想像力が演出する世界のもとで
詩における美しさ
ピエタ ボードレール
ボードレールの詩に「決して間違いはない」と言おう
贈与と詩

[訳者インタビュー]ミシェル・ドゥギー、詩を語る
 訳者あとがき

【著者紹介】
HASH(0x3d78488)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件