ポイエーシス叢書<br> 自由であることの苦しみ―ヘーゲル『法哲学』の再生

個数:

ポイエーシス叢書
自由であることの苦しみ―ヘーゲル『法哲学』の再生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 14時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784624932596
  • NDC分類 321.1
  • Cコード C0310

出版社内容情報



アクセル・ホネット[アクセル ホネット]
著・文・その他

島崎 隆[シマザキ タカシ]
翻訳

大河内 泰樹[オオコウチ タイジュ]
翻訳

内容説明

われわれが治療的な哲学理解の形式的図解を基礎に置くならば、『法哲学』の事実上の出発点を形成するものは、端的に代替となる正義論を立案するという意図ではなくて、まずは自身の現代における生活世界上の欠如または「苦しみ」の知覚である。他者を認めることなく、己れの欲望のおもくままに権利をもてあそぶ者たちを襲う、自由であることの苦しみ。コミュニケーションなき社会に蔓延する不透明な病理は克服されうるのか。『法哲学』に織りこまれた治癒と解放の論理を現代に再生する試み。フランクフルト学派新世代を代表する俊英がヘーゲル、そしてハーバーマスと対峙し批判理論の新たな地平を切りひらく。

目次

1 正義論としてのヘーゲル(個人的自由の理念―自律の間主観的条件;『法哲学』における「法・権利」―自己実現の必然的領域)
2 正義論と時代診断の関連(自由であることの苦しみ―個人的自由の病理学;苦しみからの「解放」―「人倫」の治療的意義)
3 近代の模範理論としての人倫の学説(自己実現と承認―「人倫」のための条件;「人倫」の過度な制度化―ヘーゲル的アプローチの問題)