増補 詩の発生―文学における原始・古代の意味 (増補)

増補 詩の発生―文学における原始・古代の意味 (増補)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 344,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784624600921
  • NDC分類 911.02
  • Cコード C0095

内容説明

詩の本質と起源を解き明かす名著。日本文学における「詩の発生」を体系的に論じる。他に言霊論・柿本人麿・万葉から新古今へなど、あいまいにされがちな「詩」の領域を鋭い理論で展開。

目次

詩の発生
言霊論―和歌の永続性に関する覚え書
古代王権の神話と祭式―神代とは何か
柿本人麿
万葉から新古今へ
新古今の世界
鎮魂論―劇の発生に関する一試論
源氏物語の「もののけ」について
文学意識の発生

著者等紹介

西郷信綱[サイゴウノブツナ]
1916年生。東京大学文学部卒業。2008年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件