曲がり角にきた福祉国家―福祉の新政治経済学

個数:

曲がり角にきた福祉国家―福祉の新政治経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月21日 14時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 435p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784624300890
  • NDC分類 364
  • Cコード C0031

内容説明

冷戦後の資本主義、社会民主主義、社会主義の諸国家における社会福祉の問題をニューライトからネオ・マルクス主義までの論議を総括し、新しい福祉国家の課題を提示する。研究者および行政関係者必読の書。

目次

第1章 資本主義、社会民主主義と福祉国家(1)―産業主義、近代化と社会民主主義
第2章 資本主義、社会民主主義と福祉国家(2)―政治経済学と福祉国家
第3章 資本主義、社会民主主義と福祉国家(3)―新しい社会運動と福祉国家
第4章 福祉国家の起源と発展 1880年~1975年
第5章 先進福祉国家における矛盾と危機
第6章 福祉国家は曲がり角にきたか?
結論 福祉国家の擁護

出版社内容情報

〔福祉の新政治経済学〕70年代以降さまざまな危機に直面している福祉国家の歴史的動態と現代的課題について、理論的、思想史的にかつ実証的に論じた政治経済学的な比較研究。