証言のポリティクス

個数:

証言のポリティクス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 09時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784624011666
  • NDC分類 204
  • Cコード C0010

内容説明

哲学と政治の交叉するところで、何が真に問題となっているのか―。激変する世界のなかで、ときに論争に応じ、情況に積極的に介入した哲学者・高橋哲哉の犀利かつ粘り強い思考と運動の軌跡。

目次

エウリュディケーの声―『ショアー』と性的差異の痕跡
トラウマと歴史―アブラハム・ボンバの沈黙について
記憶の回帰と証言の時代―フランスの“戦争の記憶”についてのノート
「人道に対する罪」をめぐる「法‐外」な二つの試み―南アフリカ「真実和解委員会」と「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」をめぐって
何が直前に消されたか―NHK「問われる戦時性暴力」改変を考える
「歴史の他者」が「正義」を求めるとき―「歴史のヘテロロジー」への問い
爆心地に立つ天皇―ナショナルな「記憶」の(再)編成をめぐって
戦争主体としての国家・国民―靖国問題覚書
錯認の構造―日朝問題によせて

著者紹介

高橋哲哉[タカハシテツヤ]
1956年生まれ。1978年、東京大学教養学部教養学科フランス科卒業。1983年、東京大学大学院哲学専攻博士課程単位取得。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)