トランスジェンダーを生きる―語り合いから描く体験の「質感」

個数:

トランスジェンダーを生きる―語り合いから描く体験の「質感」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月14日 20時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 324p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623094066
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C3011

出版社内容情報

トランスジェンダーの人々が生きることに伴う「実感」とはどのようなものなのか?
――トランスジェンダーの一人として生きる著者と、8人のトランスジェンダーとの語り合いをつうじてこれらの問いに迫る労作。
それぞれの過去といまの体験世界を解くことで導き出された、〈雰囲気〉〈擬態〉〈器〉の3つの鍵概念からトランスジェンダーを生きるという体験に接近する。

内容説明

8人のトランスジェンダーと当事者の一人として生きる著者とが織りなす語り合い。それぞれの過去といまに触れ、その体験を解いた先に見えたものとは?体験の「質感」を色鮮やかに描き出した、トランスジェンダーに出会える書。

目次

第1部 理論編(トランスジェンダーをめぐる歴史と今;性をめぐって語られてきたこと;近年の実証的研究が明らかにしてきたこと;方法論)
第2部 事例編(性を他者との関係性から捉え直す―“雰囲気”;トランスジェンダーを生きるという体験に伴われる実感―“擬態”;トランスジェンダーの人々はどのように他者や社会とつながっていくのか―“器”;最終考察)
付録―町田なりの語り合い法手引き

著者等紹介

町田奈緒士[マチダナオト]
京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻博士後期課程修了(博士:人間・環境学)。現在:名古屋大学男女共同参画センター特任助教。専門:発達心理学・臨床心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

K(日和)

12
人間の中にある混沌とした感情や譲ることのできない信念・原理原則とも呼べるような、言わば魂みたいなものを、対話の中で大事に言語化し、それを互いに共有し合う営みの愛しさに感じ入った。そしてそれを読み手に追体験させることを受け入れ、出版に至った著者及び当事者8名の覚悟に敬意を表したい。と同時にこの覚悟を伴った文章たちに触れ、ただ「非当事者だけど生を追体験できたかも」「自分の生を豊穣にできたかもしれない」で終わらせて良いはずがない、と強く思っている自分がいる。2022/05/30

千住林太郎

2
自身もトランスジェンダーである著者が、トランスジェンダー当事者にインタビューした学術書である。インタビューを通じてトランスジェンダーを生きる実感とはどういうことか、トランスジェンダーの方はどのように他者と関わるかを論じている。シスジェンダーである身としては、本書で語られる体験は未知の内容であり、概念は知っていても意識していなかったトランスジェンダーの生き方について考えさせられた。 理論編が難しい方は、インタビュー主体の実践編から読み進めてもいいと思う。 2022/05/02

Bevel

1
どうしたらトランスジェンダーを読み手に追体験させられるか。医学・心理学・社会学の先行研究は「一人ひとりの体験の様相」や「質感」が見えないし、調査者が「黒子」となっている(75)。採用するのはエスノメソドロジーのような手法を拡張した「語り合い法」で、主題を明らかにするという共通の目的を立てたインタビューをメタ議論で調整という感じ。「雰囲気」として性は「擬態」して暮らすが「器」(言語理解+他者)の前では自然体でいられるという感じだけど、重要なのは細部よね。エピローグで言われているように境界は薄い感じするけどな2022/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19557582

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。